久々のブログ投稿が連絡事項になってしまい申し訳ありません
本日、朝から庭で火をおこして焚き火で朝食を作り、
家族が全員出かけた後、久々にひとりの時間が作れました
そこで一気に煙臭いまま新年度準備を始めた次第です
ひとまず再来週から使用する実教室の事務書類を整え終わり、
通信講座を受講中のみなさんや、ご検討のみなさんへの連絡を始める段階までようやくたどりつきました

新年度の通信講座について、
以下に大まかな内容を記します
新しく変わる点は色を変えて記載しますので、ご確認ください

どんぐり学舎【年長~6年生】通信講座
①メール添削 1000円/問 *価格調整前の方はそのままで
②リモートどんぐり(マンツーマン) 5000円/60分(new月2回まで)
newリモートどんぐり(グループ 3人以上)3000円/1名/60分
newリモートはじめてどんぐり(マンツーマン)5000円/60分(月2回まで)

どんぐり学舎実教室の授業時間帯以外の時間帯に実施可能です

どんぐり学舎実教室授業日時
火曜日 4:30~夜
水曜日 4:30~夜
木曜日 夜
金曜日 4:30~6:30
上記以外の日時のご希望を何候補かお知らせください


詳細
①はおうちどんぐりを進めている中で、私の意見を必要とするときに、お子さんの作品を写真撮影して、メールに添付して送っていただき、私が添削、見解をメールで返送する形です
登録料、事前予約など不要です *new個人カードは作成します

②は無料会議アプリzoomを使って画面越しに対面して行うプライベートレッスンです
最初はおしゃべりしたり、ゲームをしたりしてからどんぐり問題を解きます
(慣れてきたらその順番は変わったりもします)
私が読み聞かせたり、自分で読んだり、いつも親子で取り組んでいらっしゃるように進めます
new今年度は漢字IF法も一緒にやってみようと思っています
new今年度から問題を解くときだけ、カメラのアングルを手元が写るよう調整していただきます
マイクの性能やマイクまでの距離によってはお子さんの言葉が聞き取りづらいことがあるので、マイクとお子さんをできるだけ近づけるよう工夫していただけると助かります
new個人カードを作成します

③は3人以上のお友だちが集まったら、または、私が何か企画して、呼びかけて、集まったお子さん同士、zoomを使って複数画面をつなぎ、みんなでどんぐりを解く初めての企画です
普段の教室の雰囲気に近い形でできればなあ、と考えています
お気軽に希望してください

④はこれからおうちどんぐりを始めよう!と思っている親子の方のためのリモートレッスンです
どんぐりは、お家で、親子でできるもの、本来親子でするのが理想的な教材です
私がはじめのいっぽをお手伝いして、軌道に乗るまでリモートレッスンでお付き合いします
お子さんへの導入は私に任せていただきますが、どんぐりは親御さんが勉強しなければならないことがたくさんあります!だから、何をどう勉強したらよいかなど、アドバイスもするつもりです
もちろん、糸山泰造先生の著書、サイト、どんぐり学舎のブログなど、できるだけ多く読んでいただくことがはじめの一歩の親御さんの勉強です

以上がどんぐり学舎通信講座の内容です
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

D→K Room通信講座【中1~中3】
①DONGLISHコース 5000円/1単元
②数学 基礎コース 5000円/1単元
③数学 発展コース 5000円/1単元
④Qノート添削コース 1000円/1問

①は日本人が日本語の力を活用して学ぶ英語学習法(糸山泰造先生開発)DONGLISHで学校の教科書を活用して英語を学ぶコースです
内容は
●DONGLISH的解釈による英文法解説
●文法定着のための問題集
●各自の中学校で使用している教科書本文のDONGLISH式英訳
単元ごとに希望に応じて教材を私から郵送、メールで添削しています
必要な単元だけ単発で受講することもできます
復習のため、前の学年の教材を受講することも可能です
new個人カードを作成します

②は東京書籍版の数学の教科書を使用して、教科書の問題が全て解けるようになることを目標にするコースです
new個人カードを作成します

③はD→K Room実教室で使用している教材を使用して、教科書より発展したレベルの問題を解きながら数学の力をつけていくコースです
new個人カードを作成します

②と③は、自分で問題を解き、答え合わせをした上で、解き方や、解けなかった問題について私に質問しながら理解を深めていく方式です

④はQノート(どんぐり倶楽部では「わからん帳」)を各自作成し、解説が必要な問題のページを撮影して送り、私が解説を書いて返送する方式です
郵便で実際のノートを送っていただいても構いません
わからん帳の提出先がない中学生のためのコースです
全科目対応です

D→K Roomの通信講座は、
私からの強制力がないため、中学生本人の意志力が必須です
自由で、自分のペースでできそうだ!と意欲たっぷりに始めたものの、
自分で自分を律して、ひとりで続けることが困難だった通信生もいます
結論として、
自分ひとりで勉強を継続できなければ本物の学力は身につかないのですが、でも、
くじけそうなとき、
意志力が弱まってしまったとき、なんとか助けることができないものか…と私も試行錯誤しています
実際に教室で会える中学生なら顔色も声色もわかるのですが、
遠く離れて、会えない中学生の気持ちはわかりません
せっかく「やってみよう!」と思ってくれたのだから、なんとか一緒に勉強を進めたい
しっかりと自分で取り組めるようになるまで手伝いたい、と思っています
だから、
newオンラインで実教室の時間にzoomで参加しませんか?と呼びかけるかもしれません
画面に映るのが気になる中学生もいるかもしれませんが、こちらも顔を映しますし、所詮小さな画面内でのことです
みんながここで勉強している間、自分の部屋からつないで、その時間だけ一緒に勉強してみませんか
ほとんど黙々とそれぞれが勉強しているだけで、時々私が大きな声でくだらないおしゃべりをするくらいです
あとは、英語の多聞多読を意識しているので、リスニングの音声が聞こえてくるかもしれません
時間があまるとカードゲームをしたりすることもあります
そんな教室に、オンラインで参加しませんか?
詳細は、通信生のエントリーが済んだ方にお知らせしますね

以上が、2022年度の通信講座の概要です
詳しいこと、私が書き漏らしていることで不明な点などがあれば、
どうぞ遠慮なくお問い合わせください

いつでも連絡をお待ちしています